小顔にするにはどうしたらいいの?

小顔にする7つの魔法

顔がふっくらしているとか、頬がふっくらしているとか、顔について悩んでいることはたくさんあると思います。

 

頬がたるんでいると年齢より老けた印象を与えることもあり、悩みはさらに増したりすることがあります。

 

一番簡単な方法は、髪の毛のボリュームを盛ったり、頬を髪で隠したりする方法です。

 

ただし、髪型変えたり、髪のボリュームが無い人が簡単に自毛で叶えられない場合もあります。

 

そんな時お勧めなのがウィッグで盛ることです。安くて自然でばれにくいウィッグは数千円台で買えるので、色々試してみるといいと思います。

 

かなり格安で小顔効果を得ることができる方法です。

 

2つめは、小顔整体で、緩んで広がってしまった骨格を戻すというような感じですが、結構怖い感じがします。

 

でも実際やってみると本当に小顔になりますのでちょっとびっくりします。

 

ただし結構痛かったりしますし、上手な整体師でないと心配なので、有名どころでやって方がいいです。

 

顔がむくんでいる人は、マッサージや顔ヨガという方法もあります。

 

エステでやってもらう方が楽ですが、結構な予算がかかりますね。

 

本やDVDもでているので、自力でもできる方法ですが、時間は結構かかると思いますし、骨格自体はかわりませんね。

整形にゆる小顔

プチ整形という方法もあります。

 

レーザーを照射したり高周波を当てる方法もありますが、しわやたるみがメインで小顔効果はいまいちです。

 

それだったら、ボトックス注射で小顔にする方法があります。

 

筋肉がゆるむので、凝り固まって顔の幅が広がってしまったようになっている人に効果的です。

 

筋肉の動きを弱くして、発達した筋肉が衰えることで顔やせ効果もあります。

 

太っていないのに、脂肪で顔が大きい人は脂肪吸引がいいです。

 

ここからはプチ整形のいきを脱しますが・・・

 

頬に脂肪がたまっている場合は、頬の脂肪吸引です。頬の脂肪をとることでたるみを解消でき、すっきりとした印象を与えることができます。

 

頬がすっきりすると年齢より若い印象になる可能性もあるため若返り効果があるとも言われています。

 

しかし、実際に脂肪吸引の映像などを動画で見てみると、ちょっと怖いですよね。

 

頬の脂肪吸引に限らず、脂肪吸引の仕上がりの度合いは医師の技術次第だと言っても過言ではないと思います。

 

経験、知識、技術がある医師が施術してくれるのであれば失敗を心配する必要はほとんどないかもしれませんが、そうでない医師が施術すると頬がたるんでしまったり、老け顔になったりという失敗をする可能性が高くなってきます。

 

ですから、施術する際にはきちんと医師と話をした上で決断をしたほうがいいと思います。

 

実際に頬の脂肪吸引をしたあとは、しばらくの間は腫れてしまいますので、腫れを防ぐ、または顔のたるみをおさえるためにテーピングをする必要があります。

 

これをすることで頬の引き締め効果を期待することが可能です。

 

テーピングをするのは通常2、3日位ですので、施術するときにはそのことも頭に入れておくようにしましょう。

 

また最近は、切開して吸引んするのではなく、メソセラピーといって、脂肪溶解注射という、脂肪を溶かす注射によって、脂肪を減らしてしまうという方法もあります。

小顔にするにはどうしたらいいの?関連ページ

サーマクールとは?
人生こんなもんだと諦めていませんか、いつでも誰でも何歳からでも、今の人生を変えて、暮らしを大逆転させることはできるんです。さあお金、見た目、心生活全部を好転させていくために役立つことを書いています
腋の臭い対策は
臭いを気にし過ぎて家にこもってしまう人がいるそうです。腋の臭いなどは治療できます。過敏になっている人もいて、実は臭っていない人もいるのです。周期判断をしてもらってから対策した方がいいでしょぅ。
を大きく可愛く見る方法
やっばり二重の方が可愛いよね、目をパッチリ見る色々な方法についてまとめています。